賃貸物件の敷金と礼金

賃貸物件を借りたいと思ってパソコンや不動産屋で色々物件を探していると、どこの物件にも必ず敷金と礼金という言葉が表示されているのがわかります。敷金と礼金は名前は似ていますが、実際は意味が大きく違います。敷金と礼金は、家を借りる人が払わなければいけないお金という意味では同じですが、敷金は家を退去する時にいくらかお金が返ってくるのに対し、礼金はお金が返ってきません。例えば、賃料が月15万円の物件で敷金2ヶ月礼金1ヶ月という条件では、敷金を30万円と礼金を15万円払わなければなりません。そして、家を退去する時に敷金は一部帰ってきますが、礼金の15万円は全く返ってきません。なので、礼金はできるだけ安い賃貸物件を探すことがお勧めです。物件によっては、礼金ゼロという物件もあります。一方の敷金は、建前上は綺麗に使っていれば返金されますが、実際は、払ったお金の半額くらいが上限の返金額になります。昔は関東に比べて関西の方が敷金礼金が高い傾向がありましたが、最近はあまり変わりません。